2017-02-13

「蚕まつり2017」のご案内です

 「蚕まつり2017」は、3月11日(土)にファッションショーを含む前夜祭を行ないます。そして3月12日(日)の朝から蚕供養の儀を行ないます。

 11日は、15時開場、15時30分の開会式を経て、第一部のアプサラダンスとファッションショーを行ないます。途中、夕食を挟み、19時からは、第二部として、子供たちの歌とダンス、そしてカンボジアの楽団による演奏を予定しています。終演は20時を予定しています。
 12日は、朝8時30分頃から、蚕供養の儀を行ないます。
 なお、11日の前夜祭につきましては、日本人および外国人の方は参加費(夕食代込み)としてお一人様10ドルを申し受けます。
 また、11日は、シェムリアップのIKTTショップから「伝統の森」まで、無料のバスを出します。午後13時出発予定、帰りは、前夜祭終了後(20時予定)に「伝統の森」を出て、シェムリアップのIKTTショップまで戻ります。バスから下車後は、各自で移動手段を確保していただくことになります。
 なお、ご乗車ご希望人数によりバスのサイズを決定いたしますので、バスのご利用を希望される方は、その旨をお書きの上3月1日(水)までに下記メールアドレスまでご連絡をお願いいたします。

    連絡先 IKTT岩本みどり midori.iktt@gmail.com (@マークを半角にして送信してください)

みなさま、お誘い合わせのうえ、ぜひとも「蚕まつり」にお越しください。

2017-02-10

『自由に生きていいんだよ ― お金にしばられずに生きる“奇跡の村”へようこそ』まもなく発売です

 森本さんの新刊 『自由に生きていいんだよ ― お金にしばられずに生きる“奇跡の村”へようこそ』 が発売になります。
 「“伝統の森”までやってきた日本の若者たちと話をしていると、その多くが今の時代に何かしら疑問を持ち、迷い悩んでいるように見える。そんな彼ら彼女らを見ていて、思うところがある。いま、時代は大きな転換点にさしかかっている。迷うのは当然だ。これまでの常識が通用しないから、若い人たちは試練に直面すると思う。そんな彼らに僕の得たものを少しでも伝えて、力づけたいんだ」
 そんな森本さんの思いが発端となり、ジャーナリストであり、バンコク時代からの30年来の友人でもある高世仁さんが聞き手にまわったロングインタビューが活字になりました。
 「伝統の森」を訪れて、高床式の木造家屋の風通しのよい広いベランダの籐椅子に座ったつもりで、森本さんの語ることばに耳を傾けてみてください。
 発売は、3月1日です。



書名: 『自由に生きていいんだよ ― お金にしばられずに生きる“奇跡の村”へようこそ』
著者:森本喜久男+高世 仁(聞き手)
発売:2017/3/1
発行:旬報社
予価:1,400円(+税)
ISBN:978-4845114955

2017-02-04

シェムリアップで開催中の内藤順司写真展「いのちの樹-The Tree of Life」の会期が延長されました

 シェムリアップのIKTTで開催されている内藤順司写真展「いのちの樹-The Tree of Life IKTT 森本喜久男 カンボジア伝統織物の世界」の会期が2月中旬まで延長されました。
 その後、写真展は「伝統の森」のショップ&ギャラリーで開催予定です。詳細は追ってご案内します。



 会場は、シェムリアップにあるIKTTのショップ&ギャラリー(2F)になります。
 シェムリアップにお越しの際は、ぜひともご来場ください。
と き:8時~18時
ところ:シエムリアップのIKTT(ショップ&ギャラリー)
    IKTT (INSTITUTE FOR KHMER TRADITIONAL TEXTILES)
    No. 472, Viheachen Village, Svaydongkum Commune,
    Siem Reap Angkor, Kingdom of Cambodia
    (Road to lake, near the crocodile farm)